ヒフミド化粧品はどのような年齢肌向け?

化粧品は一般的に対象年齢が設定せれているケースが多いですよね。
私は化粧品を購入する際、肌悩みに合ったものを一番にチェックしていますが、どの年齢層向けなのかも気にして選んだりしています。

 

ヒフミド化粧品の場合、年齢とともに失われる「セラミド」と同じ働きをする「ヒト型セラミド」を配合している化粧品で、カサつきやハリ不足といった年齢肌の悩みに効果が期待できるものなので、決まった対象年齢はなく、どんな年齢の方でも使えるのです。

セラミドは50代になると20代の半分に?!

お肌の潤いをまもる成分のなんと約半分がセラミドと言われています。

 

ですが、残ねなことに「セラミド」は年齢とともに減少。
50代になると20代の約半分になってしますと言われています。

 

減少してしまうセラミドは、ヒフミドのようなセラミド配合の化粧品で補うことが一番効果的なんです。

 

 

ヒフミドは年齢に関係なく、乾燥に悩んでいる方であれば使える化粧品ですが、乾燥を感じ始める30代以降から60代、70代以降の方など、幅広い年齢層の方に愛用者がいます。

 

セラミドとは

「セラミド」はお肌に一番外側にある角質層に存在している物質。

 

角質層はわずが0.02mmほどの薄さ。ラップ程度しかない角質層に角質細胞がレンガのように重なって並び、そのすき間をセラミドが主成分とする細胞間脂質がセメントのように埋めている状態です。

 

セラミドが細胞同士をピッタリと密着させているから、水分の蒸発や外部刺激の侵入を防ぎ、また、セラミドは保湿物質とてお肌を潤す大きな役割もしているため、お肌には欠かせない成分なのです。

ページの先頭へ戻る